■妙高山(標高2454m) 2008年8月9日

妙高山(みょうこうさん)は新潟県南西部の妙高市に位置する標高2,454mの複式火山で活火山に指定されている。弥彦山と並び新潟県を代表する山であり、日本百名山の一つで上信越高原国立公園に属する。越後富士(えちごふじ)の異名をもち、長野県との県境に近いためか長野県側からも北信五岳のひとつとして親しまれる。

概要
本来の山頂は標高2,800 - 2,900m程度であったと推測されるが、約19000年前の大噴火により崩壊、カルデラが形成される。そして、約6000年前に中央火口丘が形成され、現在の形となった。山麓には温泉が沸き、またスキーリゾートエリアとしても知られる。

山名は、古くは「越の中山」(こしのなかやま)と呼ばれていたものが、好字二字令により「名香山」と当て字され、それが「みょうこうざん」と読まれるようになり、「妙高山」の字が宛てられたものである。



【公共交通機関へのリンク】
頚南バス

【ライブカメラへのリンク】
妙高市市役所






2日目
火打山より → 黒沢池ヒュッテAM9:00 → 長助池分岐AM10:35 →妙高山山頂AM11:55 → 天狗平PM1:30 → 燕温泉登山口PM4:20(頚南バス) → 関山駅(信越本線)PM5:21 → 長野駅(あさま)


黒沢池ヒュッテが近くなると絶景が広がっていました。うぉ~って感じ!
画像



黒沢池ヒュッテに到着。しばし休憩・・・
ジュース(ペット500ml)を購入しましたが、高谷池より何故か100円高い400円でした。
画像



外輪山を越えたところで妙高山が高くそびえたつ。結構、急な登りのようだ!実際に期待を裏切らない非常に疲れる急登なのでした。
画像



どんどん登り、そろそろかと思う頃、右手におっ!っと、山頂らしいものが・・・ 
画像



やっと、山頂に到着!
画像



山頂から野尻湖方向
画像



山頂より




山頂は北峰と南峰とがあるが南峰はこんな感じ。
画像



たまに目にする事のある、風穴 風が出てきている訳でもなく良く分からん。。。
画像



天狗堂、天狗平
画像

画像



途中、川が流れているが温泉水で飲むことは出来ない。ただ、水は熱くはなかった。
画像



途中で川を渡る。真っ直ぐ進むことも出来るのですが、自分の場合には渡って下山してゆくルートを選択しました。写真は川を渡った側から撮影したもの。
画像



新道と交わり、少し下っていると水場があります。ここの水、凄くおいしかったです!
画像



下山したら鉄製の吊り橋を渡り暫く300m程度山道を進みます。
画像



燕温泉登山口に到着
画像



燕温泉街
小さい温泉集落です。
画像



無料の足湯がありましたが、バスの時間の関係で利用出来ませんでした。非常に残念!
画像



温泉街の下の方にバス停があります。
画像



関山駅に到着
画像




他の皆さんの山行記録も是非どうぞ
↓クリック
画像




妙高山(標高2454m) 2008年8月9日 完

この記事へのコメント