■火打山(標高2462m) 2008年8月8日

火打山(ひうちやま)は、新潟県糸魚川市と妙高市にまたがる標高2,462mの頸城三山の最高峰である。日本百名山の一つにもなっている。


概要
東西に緩やかな稜線を引く山で、頂上付近は傾斜がさほど急でないため冬期には雪がべったりとついて真っ白な姿を見せる。主峰の他、西側にやや低い影火打(かげひうち)の峰がある。

火打山は火山ではないため、隣の妙高山に比べ、高山植物の種類が豊富である。

さらに、高谷池付近には天狗の庭を始めとする湿原が存在し、シーズン中は多くの登山客・カメラマンが訪れる。

登山コースとしては、南側の笹ヶ峰を基点に、往復登山や、妙高山と結んで訪れるのが一般的である。西側の焼山から金山、天狗原山を経て小谷温泉に降りるコースもあるが、焼山は火山活動のため最近まで永らく登山禁止になっており、また金山付近のヤブがひどいため一般的なコースとはいえない。



【公共交通機関へのリンク】
頚南バス

【ライブカメラへのリンク】
なし






1日目
(新幹線あさま) → 長野AM8:12(妙高1号) → 妙高高原AM9:25(頚南バス) → 笹ケ峰AM10:45 →黒沢出会AM11:26 → 高谷池ヒュッテPM2:21(泊)
2日目
高谷池ヒュッテAM4:00 → 火打山山頂AM5:50 → 妙高山へ続く



長野駅から信越本線に乗り換えます。
画像



妙高高原駅に到着しました。
画像



駅の出口は一箇所のみですが、出て右手に笹ケ峰行きの頚南バス乗り場があります。
画像



笹ケ峰に到着
駐車場と登山口前に明星荘という山荘ぐらいしかありません。トイレは駐車場にあります。
画像



立派な登山口です。
画像



黒沢出合までは比較的平坦な木道が続きます、
画像



黒沢出合に到着
まだまだ行程も長いので、水が豊富に流れていましたが、そのまま素通りで通過しました。
画像



十二曲がりを通過
画像



黒沢岳を右手に進みます
画像



富士見平を通過し高谷池に到着する少し前にアルプス展望台がありました。
ただ、今日は、空気が澄んでいなくてアルプスまでみえましぇん~
画像

画像

画像



高谷池ヒュッテに到着です。
画像

画像



ここが高谷池
画像

画像



テント場はヒュッテの直ぐ傍ですので助かります。
画像



水場
↑の地塘のような水源からの水です。水源にはカラスとか飛来していました。水場には、飲料の為には、煮沸してからと看板が立っています。確かに煮沸した方が良いと感じます。。。煮沸して飲むとかなり軟水なのかすごく甘い水に感じました。
画像



早朝、火打山頂に向け進みます。

天狗の庭からの火打山
画像



画像

↑壁紙推奨画質(右クリックで背景に設定を選択♪)↑


ライチョウ平を通過します。ここから森林限界となり気持ち良い稜線登りという感じになります。
画像



眼下に高谷池や、向こうには妙高山が見えてきました。
画像



山頂に到着~
画像




山頂からの焼山
画像



山頂からの後立山連峰方向
画像



山頂からの妙高山方向
画像




山頂から



高谷池ヒュッテ前まで戻って、分岐を妙高山方向へ進路をとります。
画像






他の皆さんの山行記録も是非どうぞ
↓クリック
画像




火打山(標高2462m) 2008年8月8日 完

この記事へのコメント