■日光白根山(標高2,578m)2006年10月15日~16日

日光白根山は、日光火山群の主峰であり関東以北の最高峰。周辺には金精山(こんせいざん)、五色山(ごしきさん)、前白根山などの山々が連なり、弥陀ヶ池や五色沼などの池をたたえております。活火山でもある日光白根山は気象庁が観測しているだけで6回確認されており、昭和27年が最後の噴火の記録とされています。


【公共交通機関へのリンク】

東武鉄道

東武バス


【ライブカメラへのリンク】
丸沼高原



∵コースマップ∵※画像クリックで鮮明に表示されます※
画像




(衛星写真)※画像クリックで鮮明に表示されます※
画像




東武鉄道 → 東武バスPM1:45発 → 湯元PM3:05着 → 湯元テント場PM3:30着(泊) → 湯元テント場AM5:50発  → 前白根山AM9:00着 → [日光白根山]AM10:40着 → 湯元着PM4:15 → 東武バス発PM5:00 → 東武鉄道


-----------------------------------------------------------------


東武日光駅
東京から男体山に登山する場合、先ずは、日光に入らなければなりません。
公共交通機関を利用する場合のルートには、2通りあります。1つ目はJRの日光駅に向かうルート、2つ目が東武鉄道の日光駅に向かうルートです。

筆者は、自宅の位置の関係から都合の良い東武鉄道を利用しました。

ちなみに、特急のスペーシアにあえて乗車しなくても、快速を使うと、普通料金で特急とほぼ同じ駅にしか停車しないのでお得です。特に、帰りは、シーズンオフであれば日光が始発ですから座れるでしょう。
画像




東武バス停
東武日光駅の目の前には、バス停があります。バスは東武バスです。
中禅寺湖行きとか湯元行きとかありますが、湯元行きに乗車しましょう。ただ、紅葉のシーズン中は、到着時刻が道路の渋滞で1時間ぐらい平気で遅れる事があります。そのつもりで予定を立てておきましょう。(写真は男体山登山時の撮影転用)
画像



戦場ガ原
バスの車窓からの戦場ガ原の風景です。思えば数年前の戦場ガ原の散策が自然の素晴らしさに感化されるきっかけになったのでした。懐かしいなぁ~
画像




湯元の湖畔
湯元の湖畔に到着で~す。ちょうど紅葉まっさかりでした。いつ見てもいいなぁ~ こんな感じで湖畔に紅葉がある風景って!
画像




湯元テント場
テント場は、湯元スキー場のゲレンデの隣にあります。もちろん、炊飯場、水場、トイレも完備されています。
画像

画像




日光湯元ビジターセンター
湯元のテント場の幕営料金は、1泊1人で1000円です。テントを設営する際には、事前に、このビジターセンターで料金を支払って説明を受けましょう。
画像




登山道はこちらですよという看板が、テント場に入ると直ぐにあります。
画像



いざ、テントを撤収して、登山の開始です。
登山道は、冬季以外は、ゲレンデの中を行きますが、自分はゲレンデの端にある砂利道を進みました。下山の時には、ゲレンデの中を歩いた方が膝には良いと思います。
画像




砂利道をスキー場のリフトを横目に見ながら進むと日光白根山の入り口ですよ~という看板がありました。ここから登り始めます。
画像



しかし、最初の登りから、かなり急な登りです。この写真は、登ってきた道を撮影した写真です。う~ん、写真だと、なかなか、この登りのすごさが伝わらないなぁ~
画像



急な坂を登り終え、やっと尾根に到着です。
画像




尾根上の道は最初はこんな感じです。
画像



どんどん、日光白根山の前に通過する前白根山に向けて進みます。
画像




中禅寺湖を見下ろせるスポットが少し登山道をはずれたところにあるとの事で、年輩の男の人に案内してもらいました。天気が良いと、もっと素晴らしいんだろうな~
画像




おっ!日光白根が目の前に現れました。こちらの方向は中禅寺湖方向と違って天気が良かったのが救いです。
画像

↑壁紙推奨画質(右クリックで背景に設定を選択♪)↑


前白根山と白根山のペア写真で~す!
右が前白根山、左が白根山です。
画像

↑壁紙推奨画質(右クリックで背景に設定を選択♪)↑


前白根山に到着です
前白根山からの白根山
画像



前白根山から五色山を望みます。きれいな山だなぁ!
画像



日光白根山と五色沼 う~ん。。。すばらしい♪
画像




前白根山から今度は白根山に進みます。
途中に、五色沼への分岐があります。
画像



まもなく山頂に到着です。しかし・・・山頂は、凄い人だかりです。軽く300人はいます。初めてです、こんなに山頂に人がいるの見たの・・・ 紅葉の時期といっても、どう考えても人多すぎだろ~ うぃ~ 気持ちわり~ って俺もそのうちの一人だろって(笑)
※写真をクリックすると沢山の人が確認出来ます。奥の見えない箇所にもこの何倍もの人がいたのです。
画像




やった~ ついに頂上に到着です!写真撮影も人が多くて順番待ち、10分ほど待ってやっと撮影出来ました。
画像




山頂から五色沼と前白根山方向を望みました。
画像




丸沼や菅沼を見下ろします。
自分は、この景色が一番のお気に入りでした。
画像

↑壁紙推奨画質(右クリックで背景に設定を選択♪)↑


右のパックリと山頂が割れているように見える山が、尾瀬の燧ヶ岳で左に対峙してある山が、同じく尾瀬の至仏山です。
画像




男体山と中禅寺湖方向
画像



せっかくなので五色沼まで下ってみました。
画像

↑壁紙推奨画質(右クリックで背景に設定を選択♪)↑


五色沼の砂浜
画像



五色沼の水は、当然ですが、やっぱりきれいな水なのでした。
画像



五色沼から前白根山まで登る必要があります。途中の水場も魅力です。
画像




前白根山への登山道は、とんでもない道でした。ほとんどこの登山道を歩く人は皆無に等しいって感じでした。この写真の箇所は、これでも状態が非常に良い道なのです。
画像








そして、前白根山に到着し、どんどん来た道を戻りました。
登山を始めたスキー場のゲレンデに到着します。本当に紅葉がきれいでした。
画像



湖畔前のバス停からバスに乗車して日光駅まで戻ります。
あ~ 本当にこのシーズンに来て良かった♪
画像




他の皆さんの山行記録も是非どうぞ
↓クリック
画像





日光白根山(標高2,578m)2006年10月15日 完

この記事へのコメント